ひおうぎ貝は高知では長太郎貝やパタパタ貝という名で肉質も豊かです。
そのまま野外でワイルドにバーべキューはもちろん、パスタやグラタンなど、工夫次第でいろいろな食べ方も出来る高級珍味で、ホタテやアワビと違うコクのある味わいが好評です。
ひおうぎ貝は内海をはじめとする暖流の海に棲んでいる珍しい貝です。
まず驚かされるのは、そのまさに海の虹を思わせる程の色鮮やかさです。
ひおうぎ貝を育てる中尾さんは言う。まだまだ知られていない貝ですが、その身の締まった歯ごたえ感は最高です。普通の貝と違って、生きていても口開いているので、びっくりされる方もいます。
その昔、叶わぬ恋を嘆くお姫様の涙から生まれたという伝説もある、食べても見ても飽きない海の神秘です。

ひおうぎアートに挑戦!
ひおうぎ貝には食べた後の楽しみもあります。
自然が作ったその色鮮やかな殻の美しさは、見ているだけで不思議な海の神秘に引き込まれます。
その殻でオリジナルキャンドルやペンダント、飾りなどあなたの感性しだいで素敵なひおうぎアートの出来あがり。
あなたもぜひチャレンジしてみてはいかがですか



料  金
ひおうぎ貝20個入り  3、500円(送料込)
ひおうぎ貝30個入り  4,500円(送料込)

宇和海の磯の香りと共にお届けします。

お問合せ・ご注文
内海漁協緋扇貝養殖協議会
愛媛県南宇和郡愛南町柏崎
TEL0895―85―0304
FAX0895―85―0345