内海村のクエ博士(おじさん)


 我々、うちうみ探険隊は、内海村由良半島のちょうど中間に位置する油袋地区に、高級魚クエをペットとして飼っている面白いおじさんがいると言う情報を元に早速取材を申し込んだ。
 名前は、前田和明さん。地元ではクエ博士(おじさん)として有名な人物で快く取材を受けてくださいました。
 取材に行ってちょっとビックリ!その数と大きさに感動!
       


 ゲゲー、これがクエですか、大きいですねえ。

 今は10匹おる。一番大きいので40キロくらいやろか、長さは1メートルはあるよ。

 どうして、クエを飼うようになったのですか

 今か23年前にたまたまアイカゴで捕ったのが始まりやナ。
 捕った時には500グラムやった。それがあそこに居る与作よ。
 23年も生活しているともう家族同然や

 前田さんきちんと名前まで付けてるんですか

 うちのには全部名前付けとるよ。 あれは花子や、可愛いやろ。

 話は変わりますけど前田さん、クエ鍋って美味しいですよネ。

 よう、知り合いの人にも同じ事を言われるけど、ワシにとっては嫁さんよりこいつら(クエ)のほうが大切な存在なんよ。そやけん可愛そうでクエんのよ!ニコ

 話に聞いたんですが、知り合いの人に一匹譲ったそうですが。

 そうなんよ。御荘の大手の真珠屋さんが見に来て、どうしても譲ってほしいと言う事で譲ってしまったんよ。
 食べるんやったら絶対に譲らんのやが、巨大水槽を作って大切にするという事やったので良子ちゃんをお嫁に出してしもうた。
 たまに、御荘まで見に行くけど、元気で泳ぎよるけん安心しとるよ。

 もし、他にも譲ってくれと言う人が来たら譲るんですか

 その人次第やな。ニコ
スタッフより一言
 今回は、クエだけの紹介になりましたが、前田さんのいけすには、他にもハタやヒラメなどたくさんの魚がいて、まるで水族館のようでした。
 いろいろ、養殖の仕方なども勉強している様で我々にも気軽に教えてくれました。
 前田さん、日曜日のお休みのところ我々にお付き合いしていただきありがとうございました。