〜須ノ川編〜

須ノ川の芋つくり名人岡平伊三郎氏。(昭和22年ごろ)
須ノ川の由来 はこちらから!

昭和30年ごろの須ノ川地区。のどかな田園風景が広がる。 現在の須ノ川地区。のどかな田園風景は公園と統合中学校になりました。
昭和40年ごろの長碆の松。 今では松喰虫のため枯れてなくなっています。密かに復活させようとする企みもあるとか…。
昭和30年代の須ノ川の水門。 写真は国道で隠れていまっているが、現在でも潮止めの用を果たしている。
100年の歴史を持つ須ノ川小学校。昭和52年にその歴史を閉じました。 今では郷土資料館と須ノ川公民館が建っています。
昭和20年ごろの須ノ川海岸。台風になると田んぼまで波が来ていたとか…。 現在の須ノ川海岸。「日本の渚・百選」に選ばれ、毎年夏には海水浴客で賑わいます。
昭和45年ごろの須ノ川のバス停。 今はバス停は移転し、内海中学校の校門付近になっています。
昭和40年頃の須ノ川保育園。 保育園の建物も今では普通の民家になっています。実はHPプロジェクトメンバー兵頭堅次の自宅。