〜魚神山小学校編〜


明治20年は魚神山簡易小学校開校。しかし、明治25年に廃校となるが地区民の熱心な陳情により明治28年に魚神山尋常小学校として復活。明治34年に校舎を新築したが、運動場はなく海岸で運動会を行っていたようだ。大正11年には下灘村との学校組合設立によって廃校。写真は、明治42年の卒業写真。

大正14年に復活した魚神山尋常小学校。昭和10年に現在の位置(伊佐ノ浦)に新校舎が完成。 昭和10年に新築した校舎も昭和36年の台風により倒壊。新校舎ができるまで、網代・魚神山公民館で分散授業を行った。
南宇和郡初の鉄筋2階建校舎。昭和38年に完成。建築資材は海から運んだ。 現在の魚神山小学校。体育館、プール、パソコン教室など都会に負けない設備を誇る。