〜魚神山編〜

魚神山の由来     魚神山小学校


住民総出の地引網。村内どの集落でも見られた光景。魚神山では昭和40年代まで行っていた。 地引網をしていた浜も今は、埋立てられ真珠作業場が建て並ぶ。変わらないのは、沖に浮かぶ塩子島の風景
昭和20年代の魚神山。豊かな漁場に恵まれた、昔の魚神山。 真珠御殿と真珠作業場が建ち並ぶ今の魚神山。
昭和40年代の西泊。魚神山中学校の校庭、運動会の観戦風景。 今の西泊。廃校になった魚神山中学校の校庭。今は、クロッケー場として地区民の憩いの場となっている。
魚神山郵便局。明治35年開局。写真の局舎は昭和12年に建設。 現在の郵便局。昭和43年にできた鉄筋コンクリート2階の局舎。