〜柏崎編〜

写真は昭和20年代、イワシ網が盛んだった頃の網船「戎丸」。柏崎の橋村家の網船です。


  柏崎地区の由来

昭和30年ごろのイリコ干し。イワシ網が盛んだった内海村ではこのような風景がどこでも見られた。 今では真珠母貝養殖作業場となっている。
昭和22ごろ台風の後の写真と思われる。
台風の激しさは今も昔も変わらない。
昭和25年に昭和天皇が来村したときここで休憩し風向を愛でた。 今は「昭和天皇御展望の地」として整備されている。
昭和16年夏、真珠湾攻撃の訓練時に柏湾に入港した海軍艦艇と思われる。 今は真珠いかだが静かに浮かぶ。
昭和36年ごろ、真珠養殖が始まった頃の海の上の作業場。内海村では「ヤカタ」と呼ぶ。 作業場は陸になったが、あまり風景は変わらない。