〜網代・荒樫編〜


網代編はこちら

昭和25(1950)年頃の網代・荒樫地区。海を浄化するきれいな浜は今も残る。 現在の網代・荒樫地区。鉄筋コンクリートの真珠御殿は立ち並んでいるが海岸線だけは変わらない。
昭和30年代の荒樫の海岸。いりこを干している。 現在の荒樫の海岸。真珠養殖作業用のホイストがならぶ。荒樫の人々は浜の埋立なしに真珠養殖作業が出来るよう考えた。結果、内海村で唯一浜を残している集落となった。
昭和30年代の荒樫の水田。田植え作業のようだ。 現在の荒樫。水田は跡形も無い。県道につながる立派な道路が作られている。