〜網代編PART2〜

このページの写真は、地元網代の高魚岩夫さん、松綱初人さんに提供して頂きました!ありがとうございました。


チョキチョキてんま。これで魚神山へ買い物や通学などをしてたそうです。 昭和15年頃、天然真珠採取のため潜水夫として多くの内海村の人達が、遠くオーストラリア木曜島へ出て行きました。写真は網代の高魚幸之助さん。
昭和38(1963)年、「共戎網」進水の雄姿。 一本釣りの盛んな網代地区。
今ではもうなくなった浜辺の姿。 浜辺はなくなっても石垣は今でも残っています。
昭和40年頃、初期の真珠養殖作業風景。 昭和59(1984)年8月1日、念願の定期バス運行が開始しました。今でも網代地区民の足として活躍中!