茶道大師
登りのきつい柏坂を過ぎ、津島町側のゆるやかな道を下る。途中に小じんまりとした集落が見えてくる。ここが「茶道」で弘法大師の木像が安置されている詞がある。21日の縁日には部落の人や遠来の人の線香が絶える事がない。


茶道休憩所
 つわな奥展望台から坂を下って行くと15分ほどで休憩所がある。
ここまで来ると人家はすぐそこ。